5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「ゲーミフィケーション」

市場概要

ゲーミフィケーションは、「日常生活の様々な要素をゲームの形にする」を意味する英語「Gamefy(ゲーム化)」から派生した語であり、課題解決や生産性向上、事業活動躍進等に、ゲームデザイン手法やゲーム的要素、エンターテインメント性を取り入れることを意味する。ゲームプレイヤーを楽しませ続ける工夫としての「ゲームメカニクス」を多用する。カードやポイント、ランキング、到達・達成レベルの表示、クーポン、バッジ、スタンプラリーなどがその代表例。それ以外にも、競争相手の名前とスコアをリアルタイムに掲示するリーダーボード(leader boards)や、グラフィカルなインターフェイスでタスクの進行具合を伝えるプログレスバー(progress bar)、バーチャルグッズの購入等に使う仮想通貨(virtual currency)などが効果的に用いられる。ゲーミフィケーションの概念自体は、ポイントプログラムなどの形で従来からもあったが、スマートフォンやモバイルインターネット、ソーシャルメディアの普及により、ゲーミフィケーションが実現しやすくなったことで改めて注目を集めている。

プレイ度に応じてバッジやアイテムなどの報酬を得られるゲームのメカニズムは「至福の生産性(blissful productivity)」と呼ばれ、ゲーミフィケーションでも重要な役割を果たしている。

航空各社や提携企業が実施するマイレージプログラムや、コンビニ各社やクレジットカード各社のポイントプログラム、スキューバダイビング等のスポーツにおいて、技術到達段階に応じて発行される級別ランセンスカードなどはまさに至福を提供するものである。

スポーツクラブや、インターネットを介したスマートスポーツにおいて、トレーニングの量や成績を専用ソーシャルメディアなどで共有し、知らない会員間との交流ができたり、互いに応援したりアドバイスをもらえたりできるというのも、ヒューマンコミュニケーションという報酬を得る至福の一形態と捉えることができる。

日常世界をゲームの一部として取り込む「代替現実ゲーム」(alternate reality game)なども広義のゲーミフィケーションと考えられる。

主な技術要素

ゲーミフィケーション、Gamefy、ゲーム化、課題解決、生産性向上、事業活動躍進、ゲームデザイン、ゲーム的要素、エンターテインメント性、ゲームプレイヤー、ゲームメカニクス、カード、ポイント、ランキング、到達・達成レベル、クーポン、バッジ、スタンプラリー、競争相手、スコア、リアルタイム、リーダーボード(leader boards)、グラフィカルインターフェイス、進行具合、プログレスバー(progress bar)、バーチャルグッズ購入、仮想通貨(virtual currency)、ポイントプログラム、スマートフォン、モバイルインターネット、ソーシャルメディア、報、至福の生産性(blissful productivity)、マイレージ、技術到達段階、級別ランセンスカード、スマートスポーツ、トレーニング、量、成績、専用ソーシャルメディア、会員間交流、応援、アドバイス、代替現実ゲーム

具体的に取り組んでいる企業の紹介

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP