5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「エネルギー管理システム(HEMS)」

市場概要

エネルギー監理(管理)システム(EMS:Energy Management System)とは、戸建住宅や集合住宅、商業ビルや工場、地域コミュニティなどの電力需給バランスを可視化し、コストパフォーマンスの高いエネルギー利用を図るためのシステムである。スマートメータやスマート家電、各種センサなど IoT(Internet of Things)に繋がったデバイス群によるエネルギー利用状況や温度や湿度、風向等の生活環境情報の自動計測と見える化を行うとともに、エネルギーバランスや照明・空調等設備機器類の集中管理・集中制御、太陽光発電の電力会社への売電管理等を行う。なお、環境マネジメントシステム (EMS:Environmental Management System) との混同を避けるため EnMS と表記することも多い。

主な技術要素

EMS(Energy Management System)、HEMS(Home EMS)、MEMS(Mansion EMS)、BEMS(Building EMS:商業ビル用)、FEMS(Factory EMS:工場用)、CEMS(Cluster/Community EMS:地域用)、エネルギー監理、電力見える化、電力需給調整、スマートグリッド、創エネ・蓄エネ・省エネ、エナジーハーベスティング、リチウムイオン電池、EV/PHV/FCV 充電器、V2G/V2H(Vehicleto Grid/Vehicle to Home)

具体的に取り組んでいる企業の紹介

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP