5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「重負荷/危険作業ロボット」

市場概要

重作業・危険作業ロボットは、無人の遠隔操縦が基本となり、カメラや超音波、光ビーコン、レーダ、放射線量計等の各種センサ・分析機器を搭載した無人探査機をコアに、ロボットアームやドリル、キャタピラ駆動、耐衝撃・防御ユニットなどを装備する。人命救助には、さらに、ロボット本体内搭乗型または連結型の救助避難ユニット、救急救命ユニット、状況に応じて、音声認識・対話型人工知能などが必要になる。また、ヒトが入れない非常に狭い隙間や高所での点検や修理に当るロボットでは、柔軟に変形するボディや自由な角度での動きなどが求められ、ヘビ型・芋虫型ロボットなども製造されている。これらは海底探査や地球圏外探査にも利用可能である。一方、有人ロボットでは、操縦者が搭乗するタイプのほか、パワースーツのように、装着によりパワーアシストを行い、重荷重の装備や作業をサポートするタイプのものも考案されている。

主な技術要素

筋電、EMG、センサ、筋電パターン、神経電位、神経伝達、表面電位、脳インターフェイス、BMI(Brain-machine Interface)、義肢、義手、義足、膝継手、ロボットスーツ、パワースーツ、サイバネティックボディ、ロボティックボディ、3D プリンタ

具体的に取り組んでいる企業の紹介

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP