5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「中枢神経変性疾患医療」

市場概要

中枢神経系(脳・脊髄)の中の特定の神経細胞群が徐々に壊死を起こし、機能が失われていく病気を総じて、中枢神経変性疾患と呼ぶ。筋萎縮性側索硬化症(ALS)やパーキンソン症候群、アルツハイマー型痴呆症(AD)、レビー小体型認知症、老人性失認症、進行性核上性麻痺(PSP)、ハンチントン病、多系統萎縮症(MSA)、黒質線状体変性症(SND)、脊髄小脳変性症(SCD)、クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)などがある。

主な技術要素

アルツハイマー病患者の脳に見られる病理学的特徴であるアミロイド斑(老人斑)は、アミノ酸約40 残基からなるペプチドであるアミロイドβ(Aβ)が分子間会合して生じた線維状凝集体(アミロイド線維)を主な成分とする。また、パーキンソン病やレビー小体型認知症、多系統萎縮症においては、α-シヌクレインが線維状に凝集し、レビー小体と呼ばれる異常構造物を構成している。

具体的に取り組んでいる企業の紹介

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP