5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「ビッグデータ・データマイニング」

市場概要

ビックデータとは、収集・分析・蓄積が可能となった大量かつ多様な情報のことであり、それらの情報の中から有用な情報を発掘する手段がデータマイニングである。スマートフォンやタブレットM2M、IoTなどの普及に伴いデータ量が急増しており、その中には構造化データだけでなくSNSや位置情報などの非構造化データも含まれる。これまでは大量の非構造化データの収集分析は時間と労力面で限界があったが、データのリアルタイム分散処理技術やストレージのコストダウン化などのIT技術の進歩によりこれまで利用が難しかった非構造化データを活用できるようになってきたことから、近年急速に市場が成長している。ビックデータの活用分野は、小売りにおける顧客分析、テレマティクス交通渋滞緩和システム、電子カルテ、バイオ創薬などの医療への応用、農業 iCT、インフラ保守、IT と金融を融合したフィンテックなど、幅広い業種にわたる。高度IT人材の育成や、解析データの活用など、様々な課題はあるものの、今後の活用シーンの増加により新たな事業創出が見込めるであろう。

主な技術要素

コンピュータ、ストレージ、ネットワーキング、インフラストラクチャソフトウェア、SQL、NOSQL、データ分析、クラウド、SNS、フィンテック、ビジネスインテリジェンス、予測分析ソフトウェア、テキストマイニング、機械学習、自然言語解析、並列分散処理基盤「Hadoop」、センサ、サーバ、グーグルの分散処理フレームワーク「MapReduce」、SNS

具体的に取り組んでいる企業の紹介

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP