5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「建築BIM・土木CIM」

市場概要

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)とは、建物の 3D データに材料やコスト、採光、法規制など複数の情報を持たせたデータを、建築工程のあらゆる段階で活用していくソリューションである。

現時点では、BIM は設計段階において特に効果を発揮しており、設計の合理化や設計期間の短縮手法として有用性が広く認識され始めている。換気・採光シミュレーションにより低エネルギーで環境に配慮した設計を行うことも可能である。

今後は設計工程のみならず施工の工程でも BIM が活用され、現場で必要な材料を工場で大量生産しプレハブ化するなどして、建設業の製造業化が加速する。

この BIM のテクノロジーを建築のみならず、土木にも活用しようと考え出された概念が CIM(コンストラクション・ビルディング・モデリング)である。CIM によって土木の分野においても情報化施工が広がり、空間を認識する自動建設機械などの技術と融合することにより土木も低コスト化・製造業化していくと考えられる。

主な技術要素

3DCG、データベース、構造解析技術、3D プリンタ、3 次元スキャナー、施工シミュレーション、情報化施工、マシンコントロール技術、建設ロボット

具体的に取り組んでいる企業の紹介

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP