5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「接着剤・コーティング組成物」

市場概要

接着剤・コーティング組成物・塗料は、いずれも材料表面処理に関わる。接着剤には、水溶性、ゴム系(ニトリルゴム系・合成ゴム系)、エポキシ系、シアノアクリル系、ビニール系、シリコーンゴム系、プラスチック系、ホットボンド・ホットメルト、接着テープなどがある。一方、コーティング剤とは一般的に塗装の保護や艶出し、撥水などを目的とするもので、硬化皮膜型コーティング、油脂系コーティング(ワックスなど)、樹脂系コーティング、ガラスコーティング・ガラス繊維系コーティング、テフロン樹脂コーティング、クリーナー配合ポリマーなどがあり、フッ素ポリマー、珪素ポリマー(シリコーン・シリコーン樹脂)、アクリル・ウレタンポリマー、レジンポリマーなどが用いられる。これら以外にも、レンズフィルターやミラーへの光学多層膜成形などの薄膜コーティング、粉体粒子へのナノ薄膜コーティング、塗る(有機薄膜)太陽電池や電子回路を印刷できる接着剤などの機能性材料への応用など用途展開は広がりを見せている。

主な技術要素

有機系、無機系、水溶性、ゴム系(ニトリルゴム系・合成ゴム系)、エポキシ系、シアノアクリル系、ビニール系、シリコーンゴム系、プラスチック系、ホットボンド・ホットメルト、接着テープ、硬化皮膜型コーティング、油脂系コーティング(ワックスなど)、樹脂系コーティング、ガラスコーティング・ガラス繊維系コーティング、テフロン樹脂コーティング、クリーナー配合ポリマー、フッ素ポリマー、珪素ポリマー(シリコーン・シリコーン樹脂)、アクリル・ウレタンポリマー、レジンポリマー

具体的に取り組んでいる企業の紹介

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP