5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長領域

アスタミューゼは、特許の牽制情報を活用した異分野技術人材を探索する「IPC技術人材探索マトリクス2.0」をリリース。

「IPC※技術人材探索マトリクス」は、企業の特許の牽制情報を活用し、必要な人材を異分野から探索し戦略採用を推進するマトリクスです。
アスタミューゼ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:永井歩、以下「アスタミューゼ」)は、研究職、技術職、開発職、専門職の採用に特化した採用サービスSCOPEにて、企業向けの新しい機能として「IPC技術人材探索マトリクス2.0」をリリースしました。

<IPC技術人材探索マトリクスについて>
新機能「IPC技術人材探索マトリクス」は、従来の求人広告、人材採用やスカウトサービスを刷新する全く新しいサービスです。経営戦略、事業戦略や技術・特許を起点に、自社が成長できる領域を分析しレポートします。その成長領域をもとに、異分野に存在する技術人材を探索し、自社に最も重要な戦略人材の採用を総合的にサポートします。
サービスのご利用は、人事やコーポレート部門だけではなく、研究・開発、技術、知財などの部門と連携し、技術分析から人材採用までを行うことができるサービスで、社の部門を超えて、自社に必要な人材を採用することが可能です。

※IPC:国際特許分類(International Patent Classification)

 

 IPC技術人材探索マトリクス2.0の主な機能 (SCOPEでの採用成功事例をもとにしています)
◆他分野の人材を、特許や技術情報を通じて、自社の重要な技術領域の人材として採用します。

SCOPEの新機能「IPC技術人材探索マトリクス」は、企業の事業概要を分析し、企業が求める人材が既存領域以外のどこに存在しているのかを探索し、異分野市場の分析、レポートをダウンロードが可能です。
このレポートにより、自社の技術や特許情報で、「成長領域136」から新しい市場機会を発見できます。
さらに、その成長領域で活躍できる人材を、SCOPEの登録人材と牽制情報をひもづけ、直接スカウト採用することができます。また市場分析からスカウト採用までのサービスを開発部門、技術部門、知財部門と連携して行う事ができるので、部門を超えた採用活動が可能です。

<成長領域136>
世界80か国、2億件以上の新事業、新製品/サービス、新技術/研究、特許情報などを基に、アスタミューゼが独自に「成長領域136」を分類・定義しています。アスタミューゼは、日本経済新聞社と連携し、当該レポートの情報発信を通じて、多くの企業の新規事業やイノベーションに取り組む基礎データとして、ご活用いただいております。参照:https://nvs.nikkei.co.jp/Nikkei-astamuse-report/

<IPC技術人材探索マトリクス2.0 サービスイメージ>
サービスTOP

STEP1:企業の事業概要、技術情報などのテキスト情報を入力します。
(ex.コーポレートサイトの事業内容や会社案内の情報でも分析可能です。)

STEP2:事業内容や技術情報の入力内容から、自社に関連する「技術分野」を抽出し提示いたします。
次に、そのなかから当てはまる「技術分野」を選択します。
入力、選択は以上になります。

STEP3:表頭に選択した自社の技術分野、表側に「成長領域」が、マトリクスで表示されます。

STEP4:マトリクスの項目をクリックすると「挑戦できる成長領域136」の詳細が表示され、「詳細レポートをダウンロード」のリンクからレポートがダウンロードできます。※利用プランによっては有料ダウンロード。

STEP5:下記の「関連人材を検索」をクリックすると、選択した成長領域(ex.画像診断・生体イメージング)の人材リストが抽出され、スカウトで採用することが可能です。

STEP:6下記のページに遷移し、人材リストが表示されます。このリストから自社に必要な人材を探します。

STEP7:アカウントは複数発行可能です。人事だけではなく、R&D部門、研究部門、事業部門など各部門のアカウントを発行し、並行して活用することで、部門間を超えた人材採用が可能です。「人事にプッシュ」をクリックすると、採用担当者に当該人材にスカウトを送付して欲しいという情報が伝わります。

以上のように、自社の事業内容や、技術・特許情報をもとに、自社が次にどのような成長領域へ事業をシフトすべきかが分かり、その市場についてのレポートによって市場分析が可能です。さらに、その領域で活躍ができる人材候補がリスト化され、部門を超えた採用活動を実現いたします。

<SCOPEとは>
SCOPEは、成長市場・先端領域のイノベーターから技術職、研究職、開発職、専門職に特化したダイレクトリクルーティングサービスです。「実現したい未来でつながる採用プラットフォーム」というコンセプトのもと、「社会課題」と「職種・技術・スキル」で、ヒトと企業が繋がる採用支援サービスを提供しています。

■アスタミューゼについて(https://www.astamuse.co.jp/
世界80か国以上の新事業、新製品/サービス、新技術/研究、特許情報などを、独自に定義した136の”成長領域”とSDGsに対応した人類が解決すべき105の“社会課題”に分類・分析。約2億件の世界最大級のイノベーションキャピタルデータベースを構築、活用し、未来創造、社会課題解決のための新規事業提案やM&Aのコンサルティング、事業化支援、投資情報の提供、先端技術、専門人材のマッチングを行う。また、新規事業創出支援、ビジネス意思決定支援を「ICP(InnovationCapital Pathfinder)」、人材マッチングサービスを「SCOPE」などのSaaSモデルとしてもご提供し、より多くのイノベーション創出を目指している。
******************************************
【本件に対する問い合わせ】
アスタミューゼ株式会社
SCOPE運営事務局
Email: scope-support@astamuse.co.jp

確かなデータに基づき、
未来を予測する。
Nikkei-astamuse 成⻑領域レポート

NIKKEI astamuse

日本経済新聞社とアスタミューゼがまとめた
有望成長領域136分野のレポート販売中!

日本経済新聞社とアスタミューゼが全世界の論文・特許、国内外の国際会議やシンポジウム、
展示会等の情報、並びに独自ネットワークによる口コミ情報を活用し、
今後10年から20年のスパンで「大きく成長が見込まれる分野」を策定。

日本経済新聞社が関連ニュースなどをまとめ、
現在と近い将来の成長分野を立体的に解説します。

「2分でわかる」成長領域レポート
パンフレット(無料)のダウンロード
レポートご購入のお申し込み
PAGE TOP