5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
SCOPEイベントレポート

IoT衣服=スマートアパレルe-skinを展開する東大発スタートアップ「Xenoma(ゼノマ)」と、「アスタミューゼ」が考えるコロナを乗り越える戦略 vol.1

イベント概要

アスタミューゼ 特別Webセミナー(ウェビナー)
「Beyond COVID-19 新しい世界を創り出す企業のいま Vol.2 」
~IoT衣服=スマートアパレルe-skinを展開する東大発スタートアップ「Xenoma(ゼノマ)」と、「アスタミューゼ」が考えるコロナを乗り越える戦略~
開催
2020年08月04日
場所
ZOOM Webセミナー
時間
15:00~16:00

ゲストスピーカー

  • 網盛 一郎 氏
    株式会社Xenoma
    Co-Founder & 代表取締役CEO
  • 白木陽次
    アスタミューゼ株式会社
    取締役 CDO(Chief Design Officer)
網盛 一郎 氏
株式会社Xenoma
Co-Founder & 代表取締役CEO
2006年米・ブラウン大院卒(Ph.D.)
白木陽次
アスタミューゼ株式会社
取締役 CDO(Chief Design Officer)
千葉大学大学院 自然科学研究科 修士(デザイン専攻)

川瀬:それでは、15:00になりました。早速スタートさせていただきます。みなさま、新型コロナウイルスや令和2年7月豪雨など、大変なことが連続して起こるなかではございますが、たくさんの方にご参加いただきまして、心より感謝しております。本日は、満員御礼で100名限定のお席が埋まりました。誠にありがとうございます。

では、「Beyond COVID-19 新しい世界を創り出す企業のいま Vol.2 」
~IoT衣服=スマートアパレルe-skinを展開する東大発スタートアップ「Xenoma(ゼノマ)」と、「アスタミューゼ」が考えるコロナを乗り越える戦略~をはじめさせていただきます。

セミナーの趣旨をお話させて頂くと、新型コロナウイルスや令和2年7月豪雨などの多くの困難が起こるなかで、Xenomaさんのような大きなビジョンを持って事業を取り組んでいる企業の経営者が何を考えているのかというのは、インテリジェンスとしての価値があり、それを共有していくことは、企業活動の力になるのではないかと思って開催しています。どの企業も、不確実で複雑な社会の中で、大きく成長しなければいけない状況です。そのような世界のなかでアントレプレナーシップは、大きな原動力になると思っていますし、我々のステークホルダーの方、コンサルティングで支援させていただいてる企業、人材採用サービスを活用いただいている方々、採用サービスの会員の方々に、少しでも新しい価値を提供したいと考え実施しています。

川瀬:それでは、当社・アスタミューゼのCDO/CFOの白木から、Xenomaの網盛さんをご紹介させていただきます。

白木:みなさん、こんにちは。アスタミューゼの取締役の白木でございます。サービス開発と管理本部の担当をしています。このようなイベントのなかで、どうやったら世の中を良くできるか、皆さんと考えられればと思います。

早速、本日ご登壇いただくXenomaのCEO・網盛さんを私の方から紹介させていただきます。皆さん、ご存知かもしれませんが、スマートアパレルのe-skin。こちらは大変すばらしいプロダクトで、伸縮耐久性と洗濯適性に優れた電子回路を布上に形成する独自のPCF(Printed Circuit Fabric)技術を用いてセンシングを行いながら、非常に着心地の良い製品を作られています。最近はプレスリリースやnewsなども多く拝見します。

Xenomaさんは、お調べになられると分かると思うのですが、コーポレートサイトが英語で、非常にデザインがかっこいいです。創業当初からラスベガスで開催されているCESに参加されており、海外展開をかなり志向されている会社さんです。当社でも2017年からお付き合いさせていただいております。

網盛さんのプロフィールをご紹介すると、最初に富士フイルムにご入社され、2012年に退職、東京大学大学院情報学環・佐倉統研究室で、科学技術イノベーション論として「先端技術をどうやって社会価値に結び付けるか」や「人と機械の関係の未来」などを研究されておりました。2014年より東京大学・JST ERATO、分かりやすく言うと国プロ(国家プロジェクト)で、染谷先生のプロジェクトで、いまのプロダクトに繋がる伸縮性エレクトロニクス開発を行われ、ERATOで活かされた知見をもとに、2015年11月に株式会社Xenomaを起業されています。

網盛さん、どうぞ、よろしくお願いします。

網盛:はい、よろしくお願いします。株式会社Xenomaの網盛です。いま、一番ロングバージョンのご紹介をいただきました(笑)。普段はよくどういう事業をやっているかといったお話はさせていただくのですが、まさかコロナ禍において会社をどうしているかという話を聞かれるとは思っていなかったので、考えるきっかけになりました。貴重な機会をありがとうございます。

川瀬:では、早速、最初の質問に入らせていただきます。もう随分前ですね、6か月、7か月前ですが、4月は緊急事態宣言も出て、日経平均はがた落ちしたのに、いまは戻ってます。これを見ると実態とは大きくかけ離れた推移なのですが、まぁ、とりあえずは、コロナ前は、お金も回ってたし、ベンチャーも、VCも元気でした。BeforeコロナのXenomaは、どうでしたか?

網盛:Beforeコロナの話は、会社紹介と勝手に解釈させていただきました(笑)。会社のビジョンや事業を話すことで、お伝えできるのではないのかなと思っております。

弊社は社名がXenomaと申しまして、Xenoは、キセノンにも使われている接頭語で、ちょっと変わった新しいモノという意味があります。Maは、man、machineの共通文字で、Xenomaです。Xenomaは、人と機械を繋ぐ新しくて一風変わったインターフェースという意味が込められています。前身のJST ERATO染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクトのインターフェースグループのなかで、衣服だけではなく、新規技術と社会のインターフェースなどを含めて、僕たちはそこにこだわっています。e-skinというのは同じく創業者である染谷教授が、創業前からe-skinの商標を取っていました。良くも悪くも選ぶ余地なく、当時からe-skinです。

網盛:ビジョンについては、僕たちは最初、モーキャプ(モーションキャプチャー)っぽい感じで人が注目してくれたり、ちょうどVRなども流行っていたのでエンタメ系の方々から、わぁ~っと注目いただいていました。

ただ、先ほどのプロジェクト名からわかるように生体に調和するエレクトロニクスを使うというもともとのベースにあって、ヘルスケアのデータを取ることは創業当初から念頭に置いていました。

ただ健康な人からヘルスケアのデータを取るのはロジック的にも無理があって、健康な人はそもそもヘルスケアに関心が低く、だからこそ健康なわけです。みなさんが、どういうお気持ちでスマートフォンをお使いいただいてるかは人それぞれですが、あれは元々は携帯電話でした。

どういったルートで自分たちの世界を表現するかは様々で、もし、健康である前提の人からデータを沢山いただいて、そのデータに基づいたヘルスケア、予防医療を実現するとするなら、このツールを使って、まずは皆さんを別の形でハッピーにしなければならないと考えています。それが僕たちの行きついた社会実装へのパスです。それを昨年にビジョンとして策定し「e-skin makes everyone’s life HAPPIER and HEALTHIER」としました。まず、ハッピーにして、その後に健康にしようという考えです。

網盛:これは、ほとんど喋ることはないのですが、僕自身がJST ERATOのプロジェクトに入る前、前職を辞めた理由も、企業で18年働いたなかで、企業の新しい稼ぎのために研究をすることよりも、自分独りでもいいので、よりスピーディーに先端技術を社会の価値にしていくことにやらなきゃいけないことは沢山あるという想いからです。社内調整などをやるのは、もう意味ないでしょという(笑)、シンプルかつ戦略性が全くなくポンと飛び出して、その後、大学の研究室や企業の新規事業などを一緒にやりました。

そのなかで、まず僕の想いとしては、日本は世界のマーケットを目指せということがあります。よく「どういう事業でも起業でも、まずは国内でやれ」と言われます。Xenomaも「なぜ?日本からやらないんですか?」という質問を沢山いただきます(笑)。僕はこれに対して「なぜ、最初から世界じゃいけないのですか?」という質問で返しています。

ただ日本でやることには非常に重要な意味を持っています。ここで書いてある通り、日本で何かやりたい、モノを創りたいと思った時に、ほとんどのモノが日本の国内生産で賄えるのです。特に工業製品で言えば、これほど景気が傾いたとしても、まだアパレルの生産工場は数多くあります。食品工場もしかり、特に高機能性の化学品は、世界中でわずかしかないですが、日本ではありとあらゆるものが手に入ります。こんなにモノを創ることに、ノウハウや人材も含めて揃っている国はないのに、なぜか「製造業がもう無い」と言っていることが、おかしいと思っています。僕は製造業とともに野垂れ死にしてもいいと思っているので、製造業とともに、どこまでも行ってやれと思っています。とにかく、日本の生産設備を使って世界に発信したいです。一方で日本も先端技術は非常に進んでいるし、そこは海外も優れているので、そこは上手く使いながら、この二つを最高の価値にして、世界の市場に打ち出すことが、本来、日本でやるべきアントレプレナーシップだと思います。社内政治とかなしに(笑)。真面目に、そう思ってやっています。もちろん、投資家から出資を受けるので、e-skinを最高のモノにするのがミッションであり、それを成功に収めたいと思っています。

網盛:実は、プロダクトとしてはこのような形で、様々な企業さんと連携しています。今日も、アパレル関連企業さんと撮影をしてまして、近々、新しい発表をいたします。今日はライブで面白い技術をお見せしたいので、こちらの動画をご覧ください。まずは、ヒトの骨が動いているかと思います。

網盛:実は、これウチのCFOがライブで踊っています。彼女はガチのダンサーなので、踊ってくれています(笑)。ほぼリアルタイムで、このようなモーションデータが取れるようになっています。うちの一番、最先端でホットな尖がっている技術です。

網盛:昨年、幼児の製品からはじまりました。赤ちゃんの見守りというまずは親や家族に一番大切なことからはじめました。いまはEMSのフィットネス、筋電刺激のフィットネスから、次にアーバンリサーチさんは睡眠の見守りを一緒にやっています。こちらはアーバンリサーチさんのECサイトから購入が可能になっています。このような製品を通じて、社会にHAPPIERを届けるという事ができはじめていた頃が、Beforeコロナの私たち、Xenomaです。

網盛:2015年11月の創業以降、CESをはじめ海外にスマートアパレルの会社ということで打ち出し、展示会でもliveデモを行いまして、この業界では注目をいただくようになっています。507社のスマートアパレルの会社でTOP4に選んでいただきました。

川瀬:ありがとうございます。僕、今日、100個くらい質問を考えてきたのですが、そのなかでも、「なんで、すごく分かりやすくて、日本人が好きなプロダクトなのに、海外なんですか?」ということです。それをまずお話しいただいたので、非常に感銘を受けています(笑)

ドワンゴの川上量生さんの言葉が記憶にあって、「ベンチャーでもなんでも、日本で創業するのは、国内で儲かるし、すごくやりやすい。」みたいな話をされてました。「しかし、国内で儲かってしまって、海外に行けないジレンマが訪れる。」と言ってるんですね。世界の先端技術と日本の生産設備を掛け合わせる。この二つを最高の価値にして、まず世界からはじめるというのは、ベンチャーのなかでも稀有で、かなりハードル高いところでやられている印象です。

(Vol.2に続きます(近日公開予定))

SCOPE会員限定のイベントをご案内致します!
SCOPEではこのような社会課題に関連するイベントを”会員限定で定期的に行っております。
会員登録していただきました方には案内メールを送らせていただきます。
PAGE TOP