5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
SCOPEイベントレポート

第2回 AI医療機器ベンチャー「アイリス」と「アスタミューゼ」が考えるコロナを乗り越える戦略 Vol.1

イベント概要

アスタミューゼ 特別Webセミナー(ウェビナー)
「Beyond COVID-19 新しい世界を創り出す企業のいま Vol.1 」
~AI医療機器ベンチャー「アイリス」と、「アスタミューゼ」が考えるコロナを乗り越える戦略~
開催
2020年05月25日
場所
ZOOM Webセミナー
時間
14:00~15:30

ゲストスピーカー

  • 野村将揮
    アイリス株式会社
    執行役員Chief Creative Officer
  • 白木陽次
    アスタミューゼ株式会社
    取締役 CDO(Chief Design Officer)/CFO
野村将揮
アイリス株式会社
執行役員Chief Creative Officer
京都大学博士課程(総合学術, 哲学専攻)
白木陽次
アスタミューゼ株式会社
取締役 CDO(Chief Design Officer)/CFO
千葉大学大学院 自然科学研究科 修士(デザイン専攻)

川瀬:それでは、お時間になりましたので、「Beyond COVID-19新しい世界を創り出す企業のいま Vol1」をスタートいたします。本日のゲストは、アイリス株式会社の執行役員CCO野村さんです。野村さんは、京都大学の博士課程で哲学の研究もされているユニークな経営者です。

いま、新型コロナウイルの影響が真っ只中ですが、今日にでも緊急事態宣言が解除されるという話です。この状況下で、コンサルティング会社やシンクタンク、有識者などから経済、経営、マーケットに関する様々なレポートが出され、afterコロナ、withコロナであったり、ニューノーマル等が語られています。そこで、当社の取締役の白木と考え、アスタミューゼらしい視点「成長領域」「社会課題」の観点から、リアルな企業の経営層が、この事象をどう考えているのかということは、情報発信することは価値があると思い、ウェビナーを開催しました。

しかも、人間は僕も含めよく忘れるので、結局終わってしまったら、割と反省せずに新しい時代を迎え、きっとメディアも明けた喜びの感傷に浸るだろうなぁと思い、あえて、いま、トレースしたいと思っております。そこに価値があると思っています。
なので、安倍政権などの政治が良い悪いとか、コロナは日本には脅威じゃないとかを議論する気は全くないです(笑)

今日のセミナーにご参加いただく方は、アスタミューゼのステークホルダー、お客様、採用サービスの会員に皆さまです。少しでも有意義な時間を過ごしていただければと思います。

では、本日ご登壇いただく、アイリスの野村CCOをご紹介いたします。今日は富山のご実家からご参加いただきます。これも新しいですね。
野村さんは、東大を出られて、経産省に入省され、まさにいまのコロナ政策やられている官庁ですね。様々な政策に携わられた後、AI医療機器ベンチャー「アイリス」にジョインされ、現在、CCOをやられています。野村さん、よろしくお願いします。

野村:野村将揮です。富山の実家から参加しております。犬の鳴き声を聞こえたらすみません(笑)

川瀬:アイリスさんの事業紹介をすると、人工知能技術を用いて、一部の医師のみが有する「匠の技」を医療の現場に届けることをミッションに創設されました。
まずは、咽頭画像を用いたAI搭載インフルエンザ診断支援機器(高精度、早期対応可能、低侵襲)検査の開発に注力している新進気鋭のベンチャー企業です。まさに、世界が目の当たりにしているウイルス、パンデミックという社会課題に向き合っている企業です。

また本日は、アスタミューゼの取締役CDO/CFOの白木もお話させていただきます。

当ウェビナーは、「トップへの7つの質問」として、アイリス野村さんが、コロナ禍で、どう考え、どう行動したかを、時系列にリアルに語ってもらうコトで、その経営視点をシェアしていこうという試みです。

川瀬:では、早速、はじめます。
まず、「Q1:Beforeコロナの企業ビジョンは、どうなったか?」。
コロナ前は、まぁ日経平均も高いよなぁとか、スタートアップは投資家からたくさんの資金を得たり、大手企業のJR東日本やNTTがCVCや新規事業をやり始めていたなぁと思います。いわゆる、景況は良く、お金は回ってました。野村さん、大昔に感じちゃいますが、コロナ前と、コロナ現在で、経営者として、どうお感じになられていますか?

野村:二つの視点でお答えさせて頂ければと思います。私どもの会社個別のお話と、社会全体のお話です。私どもの会社は、医療AIスタートアップでして、創設から2年半ほどが経ちました。結論から申しますと、正直な話、コロナ前と現在は、少なくとも今日まではほとんど変わっておりません。リモートワークがどうしたとか働きやすさがどうしたとか様々な議論がなされておりますが、他意なく申し上げますと、大前提として私どもは事業推進においても、半年、1年の目先のことはもちろんやりながらも、10年先、20年先の人間の在り方、社会の在り方を考えながら取り組んでおります。何よりCEOの沖山は非常にビジョナリーな傑物でして、私もそこに共感して入社しております。逆に申し上げますと、マクロな話としては、 “Beforeコロナ” “Afterコロナ”といった言葉遊びに過度に翻弄されている企業さんが多いようにも感じています。
マクロ経済についてお話しますと、私の論考でも記載しましたが(【特設コラム】No.2 「COVID-19禍を臨む」)、
株価と実体経済の乖離が明確に再確認されたというのが、今日時点での最も強い示唆かと思っております。サプライチェーン、モノづくりの文脈では、国境を越えたヒトやモノの移動が制限され、製造業、組み立ても、分配も、それにかかわる設計なども、かなりのダメージを食らっており、グローバリゼーションという言葉が霞んでいます。また、観光業も飲食業も大きなダメージを受けている。そんな中で、株価がよく分からない動きで下がったり上がったりしている現実があります。投機を目的としている金融資本主義が、実体経済とかなり乖離している。
業界や事業レベルで見ると、ここ数年の流行だった新規事業やオープンイノベーションといった取組は停滞を見ることが予想されます。ちなみに、これはあくまで僕の理解ですが、日本のコワーキングスペースやシェアオフィスにいる企業の多くでは、上に言われてとりあえず席を置き始めた広報や社長室付きの社員が他の企業と与太話しているだけというケースも多いのが、残念ながら実状です。具体のPLを描いて、いついつまでにどうするとか、プロダクトサービスのプロトタイプを作って高速で回していくとか、そういったところまでは行きにくい。
また、これからは大手企業のCVCなどの動きも鈍化していくでしょう。他方で、ベンチャーキャピタルは青田買いした上で花開かせることができるかどうかが勝負なので、結果的には足腰がしっかりしているベンチャーは生き残るでしょうし、勢いだけで連携をしてきた企業は伸び悩むだろうなぁと。すみません、話ズレてますでしょうか?

川瀬:ズレてないです(笑)。めちゃくちゃ面白いです。ちょっとここでさらに紐解きたいのですが、コロナ禍で見えた“足腰がしっかりしている”ベンチャーと“足腰がしっかりしていない”ベンチャーって、具体的にどういうことですか。

野村:僕が念頭に置いてるベンチャーというのは、世の中を変えていくことをミッションに持つ集団であって、お金を稼ぐことや組織を維持していくことがミッションではないはずなんです。世の中をこう変えるんだという大きなビジョンがあって、そこからブレークダウンして具体がある、というのがベンチャーらしいベンチャーだと思います。逆に言うと、そこがブレなくて人が集まっていれば、多少キャッシュフローが不安定となっても、何らかの形で事業が継続できるのではないかと思っています。
正直、最近までは逆の事例が増えていたなという印象があります。具体的な会社を指し示すわけでもなく、個社を念頭に置いているわけではないのですが、たとえばいくつかの有名なベンチャーを思い浮かべたときに、その会社がどういう世界や人間を作りたいのかがパッと浮かぶ会社がかなり少ないのではないかと感じます。モビリティ、ヘルスケア、飲食でも、観光でも、コンサルティングなんでもよいのですが、(多くの有名ベンチャーの)作りたい世界観が、ユーザーやクライアントから社会全般に伝わらないということは、キャッシュフローの勘定が先立ってしまっているはずで。ただ、これはトレードオフかつフェーズに依る話なので、どれがいいとかは一概には言えません。しかしながら、こういう世の中を作るのだというビジョンをブレさせることなく、そこに向けて、必要なリソースを集めて、自分の足場を固めていることを変わらずやっている企業こそ、ベンチャーだと思います。

川瀬:その話は非常に当社にも心強くて、データ分析をしながら、社会課題を提示しています。コロナを契機に、そもそもあった社会課題が、より顕在化した、ちゃんと見えたというのは、通底するモノだと思いました。だからこそ、社会課題は、企業がビジネスを通じて解決しなきゃいけないとも思っています。

野村:とはいえ、私どもの会社も検討すべき課題はたくさんあるのですが(笑)、自分が経済産業省出身であるというバックグランドも含めてお話してみました。

川瀬:白木さん、アスタミューゼ自身は、改めてコロナで、いまどう感じていますか。

白木:当社のビジョンの話としては、BeforeコロナもAfterも関係なく、一貫して技術を重視してフォーカスしてやってきています。その技術が、どういう社会にインパクトをもたらすかという事を分析し、新規事業をご提案したり、コンサルティングサービスを提供しています。先ほど、野村さんが仰ったように、CVCやアクセラレーションプログラムが、様々なところで盛り上がったいたのですが、大手の新規事業担当者がベンチャーと会話をする、でも実際にはほとんど何も生み出せていない現実がありました。ただ最近は、技術目線で事業を立ち上げていく会社がチラホラ見えてきました。
このコロナで、より具体的で本質的な技術に目を向かっていかなければならないという意識が、少しは社会が持ちはじめていると思います。実体にない事業をやっている会社では、こういう不測の事態では全く価値が無くなってしまいます。地に足付けて投資していく価値があるモノや、そういう企業や事業が増えています。そこに私たちは技術データドリブンで、こういう価値があるのではないか、この技術の異分野展開ができるのではないかなどの可能性を見出し強力にサポートできるといいなぁと思います。

川瀬:Q1から、お二人・・・目鱗です。「ちゃんとした」って、重要なキーワードですね。アスタミューゼのビジネスのなかで、やっぱりちゃんとした企業は、人材採用を細く続けていたり、逆にチャンスを感じていたり、新規事業もやめないというお客さんもいるのは、そのあたりに起因するかなぁと思います。

おぉ、時間がやばい。Q2に行きます。

Vol.2に続きます

SCOPE会員限定のイベントをご案内致します!
SCOPEではこのような社会課題に関連するイベントを”会員限定で定期的に行っております。
会員登録していただきました方には案内メールを送らせていただきます。
PAGE TOP