5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
SCOPEイベントレポート

第1回 ヒトと水の未来を変える Vol.1

イベント概要

SCOPE Lab The Real「テクノロジーで解決する社会課題105」
第1回 ヒトと水の未来を変える
開催
2020年02月06日
場所
千代田区神田須田町2-9-5 柴田第一ビル
時間
18:00 〜 20:30

ゲストスピーカー

  • 田原康博
    株式会社 地圏環境テクノロジー
    代表取締役社長
  • 吉賀智司
    株式会社 FullDepth
    代表取締役 COO
田原康博
株式会社 地圏環境テクノロジー
代表取締役社長
2007年に入社し、流域モデリングによる水資源管理や、流体・化学反応連成シミュレーションを用いた休廃止鉱山における発生源対策、地層処分施設における腐食ガスの移行モデリング等に従事。
2018年10月より現職。
吉賀智司
株式会社 FullDepth
代表取締役 COO
代表取締役社長の伊藤とは大学時代の音楽仲間&釣り仲間。
国内大手ベンチャーキャピタルを経て個人事業を行っていた2015年、伊藤から事業計画について相談されたことを端緒に、深海に潜るロボットの企画を温めてきた。
2016年3月株式会社FullDepth取締役就任。
2019年9月代表取締役COO就任。

川瀬:本日は寒いなか、また月末の金曜日にも関わらず、弊社のイベントにお越しいただき、誠ありがとうございます。弊社は、メディアさんに呼ばれてセミナーに登壇したり、自社でセミナーはよくやるのですが、場所を借りて、対外的にやるのは全くなく、実験的な試みだったりします。当イベントは、弊社の取引先の方と採用サービスの会員様限定の限られた方に、ご案内させていただきました。そのなかで、50名近い方にお越しいただき、誠に感謝しております。

「社会課題」という割と硬くてゴロっとしたものに対して、昨今、SGDsが話題になってはいますが、多くの方が関心を寄せて頂いたことに、驚いております。ただ重要なテーマで、こういうイベントを通じて、ゆるく繋がっていければと思っています。

SCOPE イベント様子写真1

まずは、「弊社・アスタミューゼについて」と「イベントの概要」をお話させてください。

アスタミューゼ/イベントの概要

川瀬:アスタミューゼは、2005年に創業しています。

もともとパテントビューロという会社名でしたが、この名前の由来がユニークで、特許庁の英名なんですね。社長に聞いたら、パテントビューロなら、海外のヒトが勘違いして、色々問い合せ来るじゃん?!という驚きの事実がありました。(笑)

「商品アイデアと投資額データ」「技術データ(約1億4000万件)を集めており、企業様の新規事業(チエ)と人財投資(ヒト)を提供するサービスを行っています。新規事業のコンサルティングと採用サービスです。そのデータベースを使い「社会課題105」「成長領域136」をまとめ、対外的に発信しています。

またSCOPEというのが採用プラットフォームを持っており、SCOPE Labで、社会課題や成長領域にまつわるコンテンツを配信しています。

このイベントの開催理由は、社会課題というテーマは、Webだけの発信では足りないと感じてました。こんなリアルな課題が目の前にあり、それに対して、情熱と技術を持って取り組んでいる企業があり、採用サービスの中でも、社会課題に向き合いたいと考えている人がいる。それなら、もっとリアルな場で情報を発信し、交流していった方がいいのではないかと思い、今回、第1回を開催しました。

そこで第一回のテーマは「ヒトと水の未来を変える」としました。

僕自身が、社会課題という言葉と向き合うと、ある研究者の言葉を思い出します。「地球は一つの生命体である。」という言葉です。僕は、この発見によって、人類が社会課題を解決をしようと思ったと第一歩と考えています。

そうなると、母なる大地・地球で、最も重要なものは、その血液・血流ともいえる「水」をテーマにしたくなりました。特に、日本は水が豊かであることが産業の成立の前提になっている。そこで、地圏環境テクノロジー、FullDepthさんにお願いしました。

では、二社の取組をお伺いしようと思うのですが、僕が今日、早速、驚いたのは、お二方、今日初ご対面なのに、出会ってすぐ30分ぐらい、めちゃめちゃ話されてたので、水は繋がるなぁと思っております(笑)。打ち合わせしたいのに、僕は入れない…って。そんなこんなで開始の18:30になりました(笑)。

では、ご登壇者をご紹介いたします。

サントリーの森の天然水事業を始め、様々な官公庁と水事業を行い、「GETFLOWS」というシミュレーションシステムで、水循環を観察(シミュレーション)する技術で注目されている地圏環境テクノロジー・代表取締役社長の田原さんと、国内初の水中ドローンメーカーで、サンシャイン水族館など研究機関と深海探査を行っているFullDepth・代表取締役COOの吉賀さんです。

(会場・拍手)

地圏環境テクノロジーの取組

田原:みなさん、こんばんは。地圏・田原です。弊社の取組をお話しいたします。企業としては、そこまで新しくなく、2000年に先々代の西岡が立ち上げた企業です。人数は20名くらいです。場所は、ここからも近く、淡路町駅からすぐ近くにあります。

水について、最近、色々話題がありますが、水問題を捉えると、我々は、災害、資源、環境と大きく三つに分けています。そして、この3つは、どちらかを立てると、どちらかが立たないという関係です。近年、夏がものすごく熱くなったり、暖冬であったりと気候変動が大きいなかで、プラネタリー・バウンダリー「不可逆的かつ急激な環境変化」の時代と言われています。地球は不可逆な時代に入った。いまの気温より2℃超えると地球は危機になるなど言われてます。

地質の話ですと「完新世」と言われている時代ですが、ここ15年くらいで人類が地質に影響を与えてきた「人新世(アンスロポセ)」とした方が良いのではという議論があります。そのなかで、我々は、水問題に立ち向かうという流域水循環を理解して、未来を解き明かそうということを目指してます。

ビジョンとして、地球と地域における自然水循環実態を明らかにして、実社会における様々な意思決定の役立つサービスとしサービスを提供しています。

我々の特徴は、データとコンピューターモデリング、いわゆるシミュレーションですね。それを強みに持っています。

事業内容は「ソリューション&コンサルティング」「コンテンツ販売」「啓蒙・教育サービス」「ライセンス販売」の4つで、主なサービスは「コンサルティング」です。様々な企業や自治体から力を貸してくれと言われ、純国産のシミュレーションシステムで、それに応えていく。また情報を提供していくということで、サービスの販売を行っています。

お客さんはサントリーさんをはじめ、電力会社さん、建設会社さん、官公庁さん、研究機関さんがメインです。

水の循環をどう見ているかというと、雨が降って、川になったり、山に水が沁み込み地下水となり、それが海に流れ、蒸発し、雲になり、また雨になる。この流れをコンピューターの中で、シミレーションし見ていきます。

全てはこの水の流れの中で様々な問題が起こり、トンネルを掘ると地下水が枯れる、牛さん豚さんなどの排泄物で水が汚れ汚染になったりします。水を媒体として汚染物なども流れていくので、水が乗り物となって、流れています。

このすべてを捉えている会社です。流域水循環というシミュレーションシステムを自社で開発しています。

これをできる限り利用して、コンピュータ上に模型化して再現して、どれくらいの雨だとどう流れるかが分かり、それをもとに過去、現在、未来を可視化しています。そうすることで、問題が分かり対策を考えて行けます。

僕が言うのもなんですが(笑)、、、世界で類を見ない「GETFLOWS(ゲットフローズ)」というシミュレーションシステムを作っています。

GETFLOWSというシステムは、2000年以前に東京大学でできたのですが、最初はなかなか使い物にならなかったのですが、機能を拡張していき、2010年ぐらいにようやく十分なものになり、他の分野と連携しはじめました。天気予報のシミュレーションと連携したり、化学反応をシミュレーションするツールや、微生物だったり、異分野とのカップリングによって、色んな問題に取り組む連携が進みました。

じゃぁ、他のものと何が違うのか。他社のモノは、我々の周りのモノを一度バラバラにしてくっつけて分析しています。地上空間(山地斜面、河川)、地下空間などをバラバラにしてくっつけます。そうすると調整パラメーターがあり、説明できないことが多々起こる。これはこれで良いところもあるのですが、我々のGETFLOWSは全く違う思想でやってます。

これは熊本の地形です。この立体的な地形を再現し、雨を降らせたり、その場所が田畑であったり何に利用されているかを再現します。さらには、一番難しいのが地下の大地を作る地質です。阿蘇は大きな噴火が4回起こっており、ここは火砕流堆積物で成り立っている地域です。地下水をたくさん使っている地域で、水道水源が100%で、とても珍しい地域です。熊本の地震の時に、あまりにきれいだった水が濁っていまい、水不足が起こってしまいました。

水を降らせるなどの情報を入力することで、3次元的な流れを、見られるようにしている。

流域というのものがあって、高低差で水が流れるのですが、熊本の地下水は、それに関係なく流れています。面白いのは加藤清正が荒れ地に水田を開墾したところで「ザル田」と呼ばれ、水を流してすぐに沁み込んで流れて行ってしまいます。白川から水田に水をまき、地下水として流れ、さらに流れていく。それが水前寺公園、地震で一時枯れて問題になりましたが、流れた先の熊本市や飲料メーカーがその水を使っている循環をしています。

このような形で可視化をし、ビジュアル化しています。

ここで事例をご紹介いたします。

ご紹介にもありましたが、サントリーさんの天然水の森の事業をお手伝いしております。

みなさん、南アルプスの天然水、奥大仙の天然水、阿蘇の天然水など飲まれていると思います。あれは地下水を使っています。それ以外にも、ビールやウイスキーなども地下水を使っており、地下水を使っているところには、サントリーさんは天然水の森事業を行っています。山を守ることで工場で使う採取する水の2倍を自然に返しています。サントリーさんは、この事業を真剣に取り組んでおり、ち密に正確に2倍を把握するために、弊社のGETFLOWSを使って頂いております。去年、それを実証しました。是非、サントリーさんの動画を見てください。5分ぐらいの動画です。僕が出ているので、、、恥ずかしいんですけど(笑)

https://www.suntory.co.jp/eco/forest/protect/getflows.html

次は自治体の事例なのですが、この場所がどこか分かったりしますか?

ここは神奈川県秦野市です。15年くらいお手伝いしています。ここも生活用水を地下水で80%くらい賄っている地域です。昔、汚染が発覚し、様々な対策を打っていました。水資源をもとに企業誘致をしながら発展してきたのですが、一方で枯渇や汚染を起こさないために、弊社がご協力をしています。地下水を使っている地域はデータがたくさんあるので、モデルを使って把握をしています。モデリングとシミュレーションで水資源を管理しているのは、世界で全くなく、それが完璧にできれば世界初の事業になります。我々はコンピュータを使いながらも、現場でボーリング調査や水質調査を行っています。またサイトで市民の方に対して、今の水の状況を配信しています。あとプロジェクションマッピングなどを活用し、市民への広報に使ってます。市役所では水の日を制定しており、そこで弊社のプロジェクションマッピングも見られます。

最後に、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム「国家レジリエンス(防災・減災)の強化」で災害時の地下水利用システムを開発するチームに参画し、GETFLOWSを活用しています。災害時に、地盤沈下を起こさずに、どれくらい地下水をとれるのか、そういう情報を配信できないかということで5年プロジェクトの2年目に入りました。

最後に国土情報プラットフォームを提供しています。

自治体が出している国土の基盤データ、気象データ、気温、雨量、土地利用、人間活動などのデータを集積し、国土水循環モデルに取り込んで、日本全国のデータを入れ込んでいます。それを企業であったり、一般市民の方まで利用いただくように進めております。

さらにこのデータベースをより良くするように改良しています。

水循環から、浸水や土砂災害などを日本全国で出しています。このMAPは弊社のWebサイトで無料で見られ、地図上で動かしたり、データも見えるので、一度ご覧ください。

https://www.getc.co.jp/service/hydro-japan/

これを最終的には地球全土に進めていきたいと考えています。

(会場:拍手)

川瀬:やっぱり去年は台風19号や九州豪雨などがあったので、ものすごくリアリティを感じます。21世紀になって、すでに20年が経って、未来は進んでいるのに、でも、やっぱり「水」とどう向き合うかということは、まだまだ忘れてはいけないし、そこに真摯に取り組まれている企業だなぁと感じました。

次に、FullDepthの吉賀さんにお話を伺いたいと思います。

Vol.2に続きます

SCOPE会員限定のイベントをご案内致します!
SCOPEではこのような社会課題に関連するイベントを”会員限定で定期的に行っております。
会員登録していただきました方には案内メールを送らせていただきます。
PAGE TOP