5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
SCOPEイベントレポート

第1回 ヒトと水の未来を変える Vol.3

イベント概要

SCOPE Lab The Real「テクノロジーで解決する社会課題105」
第1回 ヒトと水の未来を変える
開催
2020年02月06日
場所
千代田区神田須田町2-9-5 柴田第一ビル
時間
18:00 〜 20:30

ゲストスピーカー

  • 田原康博
    株式会社 地圏環境テクノロジー
    代表取締役社長
  • 吉賀智司
    株式会社 FullDepth
    代表取締役 COO
田原康博
株式会社 地圏環境テクノロジー
代表取締役社長
2007年に入社し、流域モデリングによる水資源管理や、流体・化学反応連成シミュレーションを用いた休廃止鉱山における発生源対策、地層処分施設における腐食ガスの移行モデリング等に従事。
2018年10月より現職。
吉賀智司
株式会社 FullDepth
代表取締役 COO
代表取締役社長の伊藤とは大学時代の音楽仲間&釣り仲間。
国内大手ベンチャーキャピタルを経て個人事業を行っていた2015年、伊藤から事業計画について相談されたことを端緒に、深海に潜るロボットの企画を温めてきた。
2016年3月株式会社FullDepth取締役就任。
2019年9月代表取締役COO就任。

トップの自論

川瀬:僕自身、割と大企業にいたりしたんですが、企業の構造が縦割りの官僚的組織図になっていて、よくこんな話があります。現場は、「社長にはビジョンがないよなぁ!経営にビジョンがないから、上手くいかねえんだよ、うちの会社」といい、経営者は、「現場はなぜ一体化しないんだ。ビジョン作ったぞ、ほら手帳に書いてある。」と嘆いている。

ただお二人の話を聞いていると、上手くいっている企業は、そんな上下の構造よりも、社会課題や新規事業に取り組む経営は、ヒトが中心となり、その人に技術が結びついており、そこが動いて、事業になり、さらに経営へと、同心円状に繋がっていると思います。それがどんどんどんどん大きくなるから経営や事業になると。ただ素晴らしい企業はビジョンを持っていて、それが実現する事業が進んでいる。

同心円の中心のヒトが、社会課題に取り組む企業がどんどん加速していくことがこの二社の強さだなぁと思います。

なぜ、水と向き合っているのか?~経営者としてのビジョン~

川瀬:わりとふわぁっとしたとこから入るので、よろしくお願いします。なぜ?というのは、経営で最も需要だと思っていて、田原社長は3代目、バトンを受け継いだ、吉賀さんは伊藤さんの相談からはじまった。経営者としては出自がガラッと違うお二人ですが、社会課題に関わる事業や新規事業に関わる場合は、ほぼ経営的目線で会社員を持たないといけないなぁと思います。なぜ、水と向き合っているんですか?

田原さんは「水を未来を変えていく。」というビジョンをお持ちの中で、社長として受け継いだものと新しく取り組んでいるもの、また旗としてどう見せているのかを教えてもらってもいいでしょうか?

田原:難しいですね(笑)。この会社は実は二社目で、大学で水循環に関わる研究をしていました。…あまり大学行かなかったんですけど…(笑)。研究があんまり役に立つかどうか分からなかった。一社目に内定をもらった時に、バイトで地圏環境テクノロジーに入ったら、あぁ役立つ会社あるんだなぁと、卒業し、内定した会社に入りました。最初の会社は自分たちで工場を持つようなコンサルティング会社でした。職人さんが金型を作ったりするものを、2週間で早期に作りますような会社で、自分の趣味趣向と会わなくて、バイト先だったいまの会社に戻りました。

僕は社長になって1年ちょっとですが、ビジョンって何だなぁとか思ってたんですが、人間の本質的な欲求として、「自然を理解したい。」と誰しも思っていて、それをやる会社だと思っています。僕はそこまでまだ経営どっぷりではなく、普通の業務やエンジニアリングにも携わっていますが、そういうことを思いながら、「自然と向き合う、自然を理解する」という話を社員に話しています。

よく「商売よくやれるよね?」って言われるので、そういうことを対外的なメッセージとして事業を動かしています。

川瀬:いま、メッセージとして大きなものを感じたのですが「自然を理解したい」ですね。何度も話題に出ていますが、昨年の台風19号をはじめに、様々な災害、それは津波も地震もそうですが、逆に言うと、自然は人間になんて無関心だし、もっと言うと最近、自然は人間は鬱陶しいとさえ思っているように感じます。「水を理解する」「自然を理解する」というと、社員のヒトって「水」が好きな人多いですか?

田原:そういうヒトもいます(笑)。水を理解しようとすると、色んなことを知らなければいけなくなります。地形、地質、気象、土地の使い方まで、人間がどうやって水を使うのかや牛や豚などの排泄物まで知らなければいけない。いろんなことを勉強する方が多いかなと思っています。

川瀬:ちなみに、テーマは社会課題ということなのですが、社内は意識されたりしますか?

田原:改めて、そういう言葉は出てきませんが、受託開発でサントリーさんは見えない地下水を取っているので、それを素直に知りたい、そしてどれだけ影響があるかも知りたい、クライアントの研究を通じて、持続可能な世界や社会課題の具体を意識することは多いです。

国土モデルを作っている時は、社員とディスカッションをして、何に役に立つかということを話したります。

川瀬:おぉ、確かに、社会課題って、やるぞ!というよりは、具体的に実務になると、もうそれは当たり前に所与になるんですね。それでも、「自然を理解する」というのは、なかなか出てこないビジョンだと思います。事業として、まさに自然と向き合っているのは、新しいですね。

次は、吉賀さんに伺いたいのですが、僕が大好きなエピソードで、吉賀さんが伊藤さんに相談した時に、「伊藤、何がやりたいの?」からスタートした深海探査と事業ということで、そこから、いま4年ですよね。そのなかで、ビジョンの共有はどうされていますか?ぶっちゃけ忙しくて、そんなんないよ(笑)でもいいので、生の話を聞かせてください。

吉賀:難しいですね…いくつかのレイヤーに分かれると思います。分かりやすく、こっちに行こうというときは、パワーワードを使います。「水中で人間が死にます。ダイバーさんが一番、危険です。そうすると僕らが作るのは、死なないダイバーである。」みたいな話をします。受け取り方によって、ダイバーさんにとってネガティブに見えますが、こっちだと分かりやすいのであれば使います。

私たちの事業は、個人の「やりたい」からスタートしています。「やりたい」起点は、この時代に非常にマッチしていますが、個人の興味関心からはじまったものが、社会の需要ときちんと結びつく例は、なかなかないと思うのです。ユーグレナさんとかは我々と同じで「やりたい」「やるべきだ」というビジョンからできた稀有な企業だと思いますし、田原さんのお話を聞いてて、あ、当社に近いなと思いました。なので、そういう会社がきちんと成長することが大事だと考えています。

その上で、どっちに向かっているんだ我々は?というのは毎日考えています。タイミング次第ですが、とにかくこっちに行こう、というときも大事です。スタートアップが製品化するときPMF(Product Market Fit)を達成する、必要最小限のMVP(ミニマムバイアブルプロダクト)を作る、という原理原則があります。ハードウェアのスタートアップは、PMFをやる前に、あらゆる技術に精通したエンジニアが集まらなければMVPを作れないので、事業がはじまらない。費用がかかるという意味で致死率が高く、博打の面もなくはないので、とにかくこっちと示しながら生きながらえています。ただ、それを乗り越えた先では、変化していくと思います。

川瀬:おぉ、より具体的な事業のお話が二人から出まして、PMFの話も出たので、経営から事業へ話を移っていきたいと思います。

事業における課題は、何か?
~社会実装への取組と、実現したい未来とは~

川瀬:変な言い方をすると、いや二社はものすごく実現性の高い事業をやられてますが、アメリカの1兆円の投資を集めたセラノスというベンチャーがあって、血液1滴で人間の体のすべてが分かると言ってアメリカ国内中を巻き込んだベンチャーです。結局、実体がなく潰れましたが…。あれだけ共感性が高いビジョンを掲げて社会実装できない。まぁセラノスが実現したかったかは・・・謎ですが・・・。

簡単に言うと、社会課題はVCとしてお金を出しやすいモノであるが、ただ事業化して、社会実装していくことが、本当に困難だと思います。さらにはマーケットにフィットして、世の中に売れるまでやらなければならない。事業で社会課題を解決していくなかで、今まさに目の前にある課題、正直、儲からないなぁ!みたいな話や、もっと外的要因で、こう変わればいいなぁとか、事業を進めている今の目の前に立ちはだかっている課題や将来のイメージをお聞きしたいです。田原社長、いかがですか?

田原:そうですね。いま、僕の中でホットなのが「自然を理解したい」と先ほど話をしたのですが、どうお墨付きをつけるかが課題ですね。地下になると、物理的に目に見えないです。さらに自然なので不確実性が非常に大きい。水が3㎜降っていたとしても、測ったのは真実なのですが、飛び散ったりしている、地下に穴を掘っても、サンプルでしかない。我々がやっていることに、どうエビデンスを出すか、お墨付きをつけるかが課題ですね。サントリーさんの2倍の量を返す森林の面積にしたい。それでシミュレーションした時に、担当者の方に「本当?どれくらいのデータの幅がありますか?」と聞かれました。不確実性などを取り込んで計算はしているが、その精度は常に高めなければならない。あと、なかなか儲かるモノではないかもしれない。

よく仲のいい建設会社には「儲からないことやってるな。」と言われますが、いまの時代だからこそできる事業であり、コンピューターがそのデータをもっと正確にしていく、いまチャンスの大きい事業ですね。

川瀬:僕は常々、社会課題の事業って、儲かることが課題と思っているので、このお話はすごく興味深いですね。いまの時代だからできる、いまだからようやく取り組める社会課題に、もっと多くの企業が目を向けるべきだなぁと感じます。地圏環境テクノロジーは、鉄道、水道、道路全てに関わる水のインフラ企業になれば、それほど大きなシステムは類をないと思います。サントリーさんも、さすがだなと思いました。

吉賀:いまの話、さっき袖で田原さんと話していて、盛り上がったんですよ(笑)。我々のやっていることが価値があるということを、世の中にどうやって伝えていくか、どうやって理解してもらうかが非常に難しいなぁと思います。お墨付きって言葉が出ましたが、まさにその通りで、水中を見る大切さも分かった、御社の機械がすごいのも分かった、、、で何を見るんだっけ?とか、その見たデータって信ぴょう性あるの?とかの課題ももちろんあります。誰かのお墨付きが必要な時もあります。では、誰が一緒に先陣を切ってくれるか、一緒にやってくれるかが非常に重要です。

水中って、10年前の宇宙と同じじゃないかなと思います。アクセルスペースさんやアストロスケールさんといった宇宙に関わるスタートアップの先輩方は、宇宙のマーケットを切り開いてきた。水中は未だ無いんですよね。ウチとウミトロンさんとか…。だから、その中でどう生き延び、価値を伝え、社会に還元していくかが、すごく難しいし、面白いですね。

日本はどうしても、市場に近い領域の方がお金を集めやすいですね。R&Dでもっと機能などを上げていくことも必要ですが、こういう不確実性が高く注目度が低い領域では、とにかく数字を取りに行ってマーケットの存在を証明することが必要で、数字起点で有用性を理解してもらう動きが重要になります。インフラや現場を持っている皆さんと一緒にデモや実証試験をやって、その成果を公表していくような仲間を作っていかなければならない。今週来週も現場で実証試験をやりましたし、その内容と成果物を3月頃にプレスリリースしたいと考えています。水中がどうなっているのを、外に出していくことをやっています。

川瀬:二社とも新しいことで市場作りからはじまっているからこそ、市場への啓もう活動やエデュケーションまでやっている。そして、そこにお金がしかりついてくることが大事であると感じました。新しい事業は市場を生み出し、それをヒトがきちんと理解し、おカネを払う。そこまでいって事業の本当の価値と呼べる。本当に難しいことだと感じました。

人材採用の視点について
~どういうヒトと取り組みたいか~

川瀬:やばいです・・・話を聞いて盛り上がっていたら、残り少ししかありません(笑)。

では、最後です、最も重要な人材です。人材戦略は、もはや経営戦略は中核中の中核であるという時代になりました。僕の仲のいいとある会社の社長が言ってたんです。「俺の時間は、8割採用に投じている。もうな、来る人間がお金に見えるんだ。お金というのは年収幾らとか、短期でどれだけセールスして年間〇〇円を稼げるとかじゃないぞ。俺がやりたくてやりたくて仕方がないことを、この人が叶えてくれる。そうするとこんな金額の事業になるってことだぞ。」と。僕は、結構、すごいなぁと、ドキドキしました。二社様とも弊社の採用サービスをご利用いただいております。いま、二社様とも採用には力を入れられていると思います。

いまタクシーに乗ると、もうそれはそれはたくさんの大物タレントが、商品名を軽快に連呼し、ポーズを決める。あのやつです、あのやつ。照英さんとか、小峠さんとか、小日向さんとか、小泉孝太郎さんとか、堤真一さんとか。HR Tech、働き方改革、1on1、キャリアデザイン、タレントマネジメントととか言葉は溢れています。その中には、本当に価値のあるモノもあります。一方でカオスです。そのなかで、ただ、どこまで行っても、採用が根本にあり、先ほどの社長のヒトがお金に見えるって大事で、それは事業と経営の根本だと思います。

少しずつ聞いていければと思います。

いまお二人採用を時間をどれくらい割いてますか?面接、書類選考など。

吉賀:私はスタートアップなので投資が決まり、事業拡大の時には、一気に人を取りたいので、季節的ではありますが、100%で、どっぷり使ってます。それが終わると、次は事業だ!になって、売るぞ!になる。それで売る仕組みを作るぞ!となって、またおカネを集めます。その循環ですね。

田原:僕はそこまで採用には使えてないですね、時間。面接ぐらいですかね。最終面接はします。

川瀬:大企業の採用って、まず人事で、その後は現場がちょこっとやって、最後に担当役員があいさつ程度の面接が行われて、ミスマッチが起こっています。人事は人事で大変で専門分野まではさすがに分からない。結局、何らか事業のトップや社長が採用しないと意味ないみたいなのは結構起こっていますね。関わり方はいろいろあると思うのですが、カルチャーフィッティングみたいな、企業に合うが大事かと思うのですが、ここは見ている、この点を大事にしているということをお教えいただけますか。

吉賀:私は、「採用は会社の将来を左右する最も影響力があること」だと考えているので、これまで基本、一次面接から全部、私が行って、メンバーのすべての採用に関わっています。過去において、「絶対採用したい人」っていまして、でも私も採用のプロではないので、なぜ、この人は良い、この人はダメって思うのかが言語化できませんでした。なので株主のBeyond Next Venturesさんの採用のプロのヒトに聞いてみたら、「吉賀さんは、仕事を自分ごとと考えるか否かで振るい分けてますね」と教えてくれました。会社のフェーズによって違うと思いますが、私は、そこでしたね。スタートアップは先が見えないけど将来こうなるだろう、という中で事業を進めており、この仕事を始めたときには水中ドローンの市場なんて微塵もなかったです。そのなかで何とか頑張ろうと思うわけです。ビジネスの現場で、常に超ハードな大喜利をやらされている感じです。苦しいけど楽しい、意義がるあると感じて進むしかいないぁと。だから、採用の視点も「自分ゴト化」でした。

川瀬:ずばり、FullDepthさんにとって、「自分ゴト」って改めて、一言で言うと。

吉賀:「会社=自分」と、どれくらい同期できるか、ですね。例えばエンジニアで採用したメンバーで、給与アップはなかなかできないという理解のなかでやってもらっている。でも、気持ちとして、本当はこちらとしても上げたいし、向こうも上げてほしいと思っている。ある面談の中で、どれくらい上げたら良い?って聞いたことがあるんです。そのメンバーは、「もちろん上がることは嬉しいけど、それで会社が大変になるなら、いらないです。」って答えたんです。それって物凄いことだなぁと。普通の会社に勤めていたら考えないことですよね。全てのメンバーが会社を成長させることに、自分が主体的に会社の視点で考えているのが、うちには大事だなと思いました。ただ、安く働かせたいとは微塵も思っていないので、成長して返そうと思います。

川瀬:田原社長は、どうですか。採用の視点とは?

田原:吉賀さんと似ていることはありますが、僕は見ているところは「考え方が、いい人」という視点です。有名な経営者の本に「考え方は‐100点~100点がある」、才能とかやる気は「0~100点」で、どんなにやる気と才能があっても考え方に左右される」と書かれていました。私の会社は色々なことを知識として学びながら、ハードもソフトも、プログラミングなどもどんどん学ばなければならないので、新しいことに臆せず向き合いやれる方が必要です。20年やってますが、まだ船作りの段階の会社なので、一緒に向き合って考えられる方と一緒に働きたいなぁと思います。

川瀬:「自分ゴト」と「考え方」というのは、面白いなぁと思っていて、僕らの採用サービスは技術職、研究職、専門職、開発職の採用サービスで、そこで働く基準のアンケート取ると、給与は大事なのですが、最近、「社会貢献性」が年々上がっていて、いまでは2番目に高いのですね。昔は、スキル向上だったり、勤務地だったりしたのですが、あぁやはり自分の技術をより良い世の中のために使いたいという人が多くいて、自分ゴトとして、新しいことへ取り組む考えをしているのだなぁと思いました。

社会課題をテーマに、経営、事業、人材という本当に大事な3つの視点を、お二人に独自の視点で語っていただきました。あっという間の1時半でした。

質疑応答は残り30分でやらせていただきますが、本日は、非常に貴重なお話を長時間にわたり、誠にありがとうございました。

お二人に大きな拍手をお願いいたします。

※質疑は、このレポートでは割愛しております。

(会場:拍手)

以上です。

SCOPE会員限定のイベントをご案内致します!
SCOPEではこのような社会課題に関連するイベントを”会員限定で定期的に行っております。
会員登録していただきました方には案内メールを送らせていただきます。
PAGE TOP