実現力(プロフェッショナル)が、 未来を創る。

専門・先端領域で活躍したい、
プロフェッショナル人材の為のスカウトサービス
転職プラットフォーム「SCOPE(スコープ)」

職種や年収や地域だけで絞り込むのではなく、どんな未来を実現したいかで“人材”と出会う…

AI・IoT・自動運転・VRARといった、新たな技術が台頭する第四次産業革命の中、多くの技術者や研究者の転職も活発になっています。その背景の多くに「専門スキルを世の中の為に、社会貢献の為に役立てたい」といった想いが多くの声として挙がっています。
そんな状況にもかかわらず、日本の採用支援サービスは条件マッチングが主流になっています。技術や事業、サービスが多角化している中、中心的な価値観で転職ができるプラットフォームを作りました。
それが「SCOPE」です。

SCOPEに掲載される求人テーマ(一部)

化石燃料への依存のない社会を実現する

石炭とウランはあと100年、石油と天然ガスはあと50年ほどで枯渇すると予測されています。 一方、2040年のエネルギー消費量は約1.3倍に増加すると予想されています。 このことから、化石燃料への依存のない社会を実現することは、未来の経済を支える上で非常に重要な要素だと考えられています。 現在、先進諸国では脱・化石燃料への移行が進んでいますが、今後増加すると予測される後進国の人口を支えるためには、さらなる新しい燃料資源の確保が欠かせません。この問題を解決するため、既に太陽光などの再生可能エネルギーだけでなく、宇宙資源の活用、それに必要な宇宙空間開発のためのスペースデブリ除去や宇宙ステーションの建造が進んでいます。 また、地球上の深海などに存在しているものの、未だ活用されていない燃料資源開発のプロジェクトが世界中で進行しつつあります。

生活習慣病のない社会を実現する

世界で毎日命を落とす人は、約15万人います。 このうち半数以上が、予防法や治療法が確立されている疾患で亡くなっていると言われています。 治療が遅れる理由の1つに、自分の健康状態を客観的に把握する手段が限られていることが挙げられます。 自覚症状が現れた時点では手遅れとなっている場合も少なくありません。 こうした状況を改善するため、日常生活に溶け込む形で健康状態を把握、自覚出来るシステムに期待が寄せられています。 すでに現在、センサー組み込み型衣料の開発など、体調変化を見落とさない生活環境の構築が実現し始めています。

育児しやすい社会を実現する

日本国内では就労意欲がありながら定職につけない人が約40万人、そして経済的に困難を抱える片親世帯は約85万世帯存在します。 育児しやすい社会の実現には、2万人を超える待機児童、体調不良の子供を預けられない病児保育問題、産休や育休など雇用企業側の制度や精神的なケアなど、様々な取り組みが必要とされています。 現在、自治体や政府の取り組みに加え、民間企業主導でも急な託児ニーズに応えるサービス、保育に関する互助コミュニティや保育施設に依存しない子育てサポートビジネスや、自宅にいながら就労可能なクラウドサービスなど「育児する親や地域社会」のためのビジネスが生まれています。 こうした取り組みが本格化することで、子育てに対する負担や不安を解消し、少子化問題や教育面においてもよい効果がでることが期待されている。

土壌汚染のない社会を実現する

土壌が綺麗になることで、人の健康はもちろん、水・大気等を通じて地球環境の浄化を叶えることができます。 土壌汚染は、自然由来の汚染に加えて、人間の生産活動や有害物質を含む廃棄物の埋設などによって生じます。 その汚染された地下水を飲用したり、手に付着した土やほこりが口から入ると人の体内に摂取されます。 目には見えにくいものの、長期にわたって滞留する性質があり、中毒症状、肝臓・腎臓の機能障害を引き起こします。また、発がん性も高まるとされています。 この問題を防ごうと、国内では規制法案が施行されています。 しかし、すでに汚染されている土からも、大気や地下水を経由して大気汚染・水質汚染が発生します。 そこで現在は、汚染された土壌を元に戻す技術が開発されはじめており、土壌汚染のない社会の実現が近づきつつあります。

アーティスト・クリエイターが活躍する社会を実現する

アーティスト・クリエイターが活躍する社会の実現は、創作活動に従事する人々だけでなく、社会全体が芸術的・文化的に豊かになることにもつながります。 世界を舞台に活動するクリエイター・アーティストでも、創作活動のみで生計を建てられる人は、ごく一部に限られます。 社会的な評価が経済的評価に直結しないことで、創作活動とは無縁の副業などに時間を割くケースが多く、収入が安定しないことで将来的にクリエイター・アーティストを目指す若者の減少などにもつながります。 創作活動とその評価が経済面にも反映され、多くの創作物が世に出るための新しい取り組みとして、創作活動を支援するクラウドファンディングや創作物を販売・報酬を受け取るマイクロペイメントなど、新しいクリエイター支援形態が広まりつつあります。

高い食料自給率を実現する

高い食料自給率を実現すると、国内での食料の安定供給や、他国の問題による食料不足などの問題を防止する可能性が高まります。 日本の食料自給率は非常に低く、食料面で海外に大きく依存しているのが現状です。 こうした状況は、他国の経済・生産状況に自国民の食生活が委ねられる危険性を含んでいます。 また、生産元である発展途上国を経済格差によって食料不足にしたり、長距離輸送による環境への悪影響などにも繋がります。 そのため、流通面だけでなく生産のあり方にも目を向ける必要性が指摘されています。 この問題を改善するため、現在、植物工場や人工肉を創り出す培養技術、農業IoTによる低コスト生産など、従来よりも負担の少ない方法で高品質な食料を生産する技術・製品の発明が進んでいます。

生態系をまもる社会を実現する

生態系をまもる社会の実現は、人を含む地球上の生き物に繁栄をもたらします。 私たちの暮らす地球上では、異なる生物種に恩恵をもたらすことで、相互扶助的に命が維持されています。 たとえば、土壌は植物に養分を与え、植物は動物に酸素を恵み、動物の死骸は土壌を豊かにします。 こうした生態系の一部である人間の生活を守るためには、生態系を守ることが重要です。 たとえば、農家の収益を守ろうと農作物を食い荒らすシカを駆除すれば、シカを取り巻く生態系が崩れ、やがて人間の生活にも影響を与えます。 このような生態系の変化のなかで絶滅した生物種とその循環の輪は、人間の手で再生することは困難であることからも、今後は、科学技術や経済発展と生態系の維持の両立が課題となっています。 そこで現在、Co2を排出しない人工光合成技術や、輸送時の外来種持ち込みによる害を防ぐ処理装置の開発、野生動物を監視するためのドローンや観測技術など、既存の生態系を保護するための様々な技術開発が行われています。

清潔な生活用水を実現する

清潔な生活用水を実現することができれば、感染症の発生防止から乳幼児の命をまもったり、災害時の飲料水・生活用水の確保が容易になると期待されています。 先進国では都市化による生活排水の増加が問題視されていますが、途上国でも、 生活インフラの整備が追い付いていないために生活用水の衛生問題を抱えています。 WHO調べによると、世界の約8億人は生活空間から1km以内に20リットルの清潔な水を確保できる場所がなく、生活に必要な水を手に入れることが困難だと言われています。 これは病気を引き起こすだけでなく、生活用水の確保に多くの時間を割いた結果、学業・仕事に従事できない女性・子どもが増加したり、貧困の原因にもなっています。 この問題を解決するために、清潔な水を生み出すトイレによる発電、少ないエネルギーで利用出来る排水浄化装置など、より低コストかつ清潔な水を得るための製品・サービス開発が世界中で進められています。

水産資源が豊富な社会を実現する

水産資源が豊富な社会の実現は、持続可能な漁獲と生産など食糧面だけでなく、海の環境保護にもつながります。 世界で年間約1億8千万トンの水産資源は増加傾向にありますが、そのほとんどが養殖によるものであり、1980年代以降天然水産物の漁獲量は頭打ちとなっています。 同様に天然水産物の再生する力も弱まり、枯渇の危機にあるともいわれています。 相対的に養殖業の割合が増えることで、排水・廃棄物が海の環境に悪影響を与えることもあり、養殖のために天然水産物が漁獲される状況にもあります。 また、天然水産物が枯渇することで、マグロやサケなどの水産資源の密漁も問題視されています。 こうした課題を解決し、持続的に水産資源が豊富な社会を実現するため、流通・鮮度を効率化した流通プラットフォームや、環境に優しく生産性の高い養殖技術など、新しい技術が生まれています。

適切な投薬治療を実現する

適切な投薬治療がされると、患者の副作用を減らすだけでなく、多くの患者へのより良い医療の提供にも繋がるでしょう。 必要以上の投与は抗生物質を無効化する耐性菌を生み、薬の効き目が弱まったり、全く効果が出なくなります。 他にも、耐性菌によって感染症を発症することもあります。 特に、複数の慢性疾患を持つ高齢者の中には毎日何種類もの薬を服用する患者も多いですが、複数薬の併用は臓器障害などの副作用が出る恐れもあります。 また、長期間の併用が及ぼす影響は未だ解明されていません。 併用薬は医療費全体の2割を占めるとされており、国の財源確保の観点からも、患者にとって適切な量で投薬されることが望まれます。 現在この問題を解決するため、脳に異常がないか自分自身で手軽に確認出来る方法や、健康維持を目的としたモニタリング装置などの技術が開発されています。

社会課題を解決する企業のオファーを受ける

  1. 登録する

    まずはユーザー登録
    できるだけ多くの情報を入力

  2. 求人をお気に入りに

    良さそうな求人を
    積極的にお気に入りにいれよう

  3. 企業からのオファー

    企業からのオファーをうけて
    訪問しよう

新着の求人

astamuse

AI・IoT・自動運転・VRARといった、新たな技術が台頭する第四次産業革命の中多くの技術者や研究者の転職も活発になっています。彼・彼女らの動機の多くには「専門スキルを世の中の為に社会貢献の為に役立てたい」という想いがあります。私たちは皆さんの想いを大事にし皆さんの想いと合う企業が見つかるサービスを作りました。それが「SCOPE」です。